サイトマップって何?

サイトマップというのは、書籍で例えると索引のようなものです。

訪問者用にサイトマップというページを作るほか、
検索エンジン用にsitemap.xmlというファイルを作ります。

訪問者用のサイトマップページは上での例え通り索引的な役割を果たします。
サイトを訪れてくれた人に、「こんなページがありますよ」 と見やすく紹介するためのものです。

ですので、文字リンクでの簡単な見やすいもので大丈夫です。

ではsitemap.xmlというファイルは何のために作るのでしょうか?

それは、クローラー(検索エンジンのロボット)に、自分のサイト(ホームページ)内の各ページを紹介するためです。

あなたのサイト内にはページ数が何ページあり、各ページはいつ更新されたのか?重要度はどのくらいなのか?
というものが書いてあります。

とは言え初心者にとっては、「xmlファイルって?」 と思われる方がほとんどでしょう。

そんな方のために、sitemap.xmlファイルを自動生成してくれるサイト(ツール)があります。

他には自分で打ち込んでxmlファイルを作成する方法もあります。
sitemap.xmlがどういうものかわかってきたら、自分で作成されると良いと思いますよ。

そしてsitemap.xmlファイルは、一番上の階層(トップページのindex.htmlを置いてある場所)に置いて下さい。
(つまり、http://www.あなたのドメイン.com/sitemap.xmlで表示されるように)

ちなみにブログなどでは、自動的にsitemap.xmlを出力してくれるところがあります。
例えば私が使っているブログ(Seesaaブログ)では、
【マイ・ブログ】 ⇒ 【設定】 ⇒ 【ブログ設定】 の中で、 【サイトマップXMLの出力 する/しない】
が選べるようになっています。

次回≫ sitemap.xmlの書き方

コメントを書く







コメント内容


応援クリックお願いします
   にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ    Webサイト・CGI ブログランキング
Twitter
お問い合わせ