売上をあげるための商品詳細

自分の会社やお店のホームページを作り、インターネット上でお買い物が出来るようにしたのはいいけど、なかなか売上につながらない・・・

そういうお悩みは多いです。

では、インターネットでお買物をしたことはありますか?
見ず知らずのお店のネットショップで、お買物をしたことはありますか?

インターネットショッピングでは、実物を見ることも触ることも出来ません。
なので、自分で想像していたものと実際に届いたものの差が大きい場合があります。
それがわかっているから、買う時にも不安が大きいのです。

つまり、インターネットでお買い物をしようとしている人は、その商品について 『少しでも多く情報が欲しいと思っている』 のです。

例えば洋服であれば、『表示されているサイズではなく実寸』 だとか、画面上と実物の色の違い(どうしても画面上と実物の色は違ってきます)、手触り感や生地の伸縮性など。

家具であれば、引き出しの 『内側の寸法(結構、重要な要素です)』 だとか、『裏側(背側)はどうなっているか?』 とか。

道具であれば、使い方を細かく、使える方法全てを。
食品であれば、食感や味の方向性など。

自社が扱っている商品に関して、あたりまえと思い込んでいるその考えを捨てて下さい。

「こういう素材を使っているからこういうモノになるのは当たり前」

・・・ではないのです!
お客様にとって、『まったく想像さえできないもの』 であると思っておいて間違いないです。

お店側にとっては当たり前の情報を、くどいくらいに表示する。
それでもやっと、お客様にとっては 『最低限の情報』 くらいにしかなりません。

実際に買ってくださった方の感想をいただくことができれば、それも載せるといいでしょう。
これは、 『これから買ってみようと思っている人』 にとってはかなり重要な情報になります。
また、買っている人がいるというだけで、お店や商品の信頼にもつながります。

商品写真に関しては、まず全体の写真、そして細部の写真、違う角度からの写真など、
そのページを見たお客様が 『実際のものを想像できるような写真』 を掲載することが大事ですね。

当たり前に接している大事な商品だからこそ、細かい部分の説明を丁寧に。

・・・・・素敵なショッピングサイトが増えることを願って。

(※以前某ブログにて書いた記事を再編集)

コメントを書く







コメント内容


応援クリックお願いします
   にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ    Webサイト・CGI ブログランキング
Twitter
お問い合わせ