TOとCCとBCC

今日はメールのお話です。
【TO】 と 【CC】 と 【BCC】 ちゃんと使い分けが出来ていますか?

【TO】

自分がメールを送信する相手

同じ内容を同時に何人もの相手に送信したい場合などに使えるが、送信された相手は、自分以外にTOとして送っている他の相手のメールアドレスが見えてしまう。
なので、複数人にTOとして送信する場合は、全員お互いのメールアドレスを知っているような場合などに使う。

【CC】

相手(TO)の他に、そのメールの内容を知っておいてもらいたい相手

CCの相手は、「目を通しておいて下さい」 という感じと思えばよい。
TOの時と同じく、TOの人にもCCの人にも、お互いのメールアドレスが見えてしまう。

【BCC】

相手(TO)の他に、そのメールの内容を知っておいてもらいたい相手(隠し)

TOやCCとの違いは、BCCで送られた人にはTOの相手のメールアドレスは見えるが、TOで送信された人からはBCCの人のメールアドレスが見えない。
見えないというか、そのメールをBCCで他の人にも送られているのかどうかさえ、わからない。

何人にも同じ内容を送るから、全員TO欄に・・・なんてことをやっていたら大変なことになりますよ。
それぞれ知らない相手のメールアドレスが、たっぷり手に入るわけですから。。。

コメントを書く







コメント内容


応援クリックお願いします
   にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ    Webサイト・CGI ブログランキング
Twitter
お問い合わせ